会社型投資信託について

会社型投資信託とは、会社法をもとにして、一般における株式会社としてのかたちで組織されている証券の投資信託です。この場合は、投資信託そのものが会社となっています。投資信託とは、証券投資信託とも呼ばれます。証券投資の専門家がたくさんの投資家から資金を募って、この資金を株式などに分散投資して、その収益を投資家に対して還元するものです。契約型の投資信託では、証券が発行されるものに対して発行され、会社型では株式が主に発行されます。

契約型の投資家の場合は、受益証を購入しても、投資信託会社においての株式を購入するわけではなくて、ある一定の契約に基づいて利益分配を享受するのに対し、会社型の場合は、投資信託における株主の立場で、利益配分を享受します。一般的に、オープンエンド型とクローズドエンド型に分類されます。オープンエンド型は投資信託社が常時、株式買戻しに対応して、継続的にそれらの基本財産上に新しい株を発行します。

つまり、投資信託社が恒常的に自己の株式の売方あるいは買方となっているので、株式の公開市場は必要ありません。オープンエンド型はアメリカなどでは、一般的にミューチュアルファンドと呼ばれています。クローズドエンド型は一番ステレオタイプの型であり、その資金増減は一般的な企業と同じく、減資・増資の形態をとっています。また、その株式は店頭もしくは取引所に公開されて、その場において株価が形作られて売買が行われます。

薄毛@福岡から離れられない
薄毛治療の評判から離れられない
夢みたいな無添加美容液
薄毛対策して発毛ならFacebook
薄毛・育毛に詳しいFBページ

Just another WordPress site